• 悦蔵
  • 奉献酒(通年)
  • 送料無料バナー
メールマガジン登録

営業日カレンダー

2018年12月
01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年01月
01 02 03 04 05
06 07 08 09 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 今日

  • 営業休業




秋の訪れとともに眠りから覚める「ひやおろし」

秋の訪れとともに眠りから覚める

 

「ひやおろし」

ひやおろし解禁の時期は、一年の中でも旬の味覚が楽しめる秋口になりま
す。このため、ひやおろしの味わいは、酸が程よく穏やかになり、旨味との
バランスが整い円熟味が増してまろやかになった口当たりに加え、呑み終わ
った後でも口の奥に残り続けるコクとほのかな香りが特徴のお酒で、秋刀魚
や、松茸など、秋の味覚とピッタリです。

 

「秋あがり」

灘の伝統手法「生もと造り」で醸し「宮水」で仕込んだ日本酒は、
春・夏を過ぎたころ各段に円熟味が増し、この旨味が増したこと(酒質が向上
する)を「秋あがり」と言います。特に「生酛造り」で醸した日本酒は、
「よく秋上る」とされています。
 
白鷹のひやおろしにあたる年に一度、この時季にしか味わえない『灘の生一
本 秋あがり』は、冬に搾りたてのフレッシュな香りの新酒を火入れし、即瓶
詰めしてひと夏寝かした「一ッ火」です。低温で貯蔵した事で、清酒の2回
火入れでは感じることの出来ない甘く豊潤な香りを強く感じます。
一般的に「清酒」は、火入れを2回行います。殺菌し発酵を止め香味を
保っています。
 
 
ひと夏を越して、絞りたての新酒のときより円熟味が増し、さらに美味しく
なった『灘の生一本 秋あがり』と、一年程度貯蔵し、米の旨味を最大限に活
かしたキレと力強い飲み口の特別純米『金松 白鷹』。
火入れ処理の違いと貯蔵期間の違いをぜひ飲みくらべていただきお楽しみく
ださい。

 

ご注文はこちらから