おすすめ!秋の飲みくらべ

純米酒、飲みくらべてみてはいかがでしょう?
「ココロミ」「秋あがり」「金松」は、特A地区産の山田錦だけを使い、

自家井戸から汲み上げた宮水で仕込んでいます。

 

同じ原料を使用しながら、それぞれ酒質は個性があり、味が違うのはなぜでしょう?


●香りは華やかで少し冷やすとスッキリした吞み口の「ココロミ」

 

●一つ火ならではのフレッシュな味わいを残しつつ米の旨味を充分に引き出した「秋あがり」

●抜群の安定感、ぬる燗が沁みる「金松」

 

その日の気分で温度や酒器を選んで味わいの変化をお楽しみいただければと思います。


秋になると思い出す言葉があります。


「酒は純米、燗ならなお良し」


すでに亡くなられた日本酒会の重鎮『上原浩先生』の言葉です。

 

人に酒について聞かれれば、私はいつもそう話してきた。
春だろうが夏だろうが、私は純米酒に割り水をかけて、ぬる燗にして飲む。

こうして飲めば口当たりが軟らかくなり、ふんわりとした旨みが広がり、酒に合う料理の幅もうんと広がる。

燗酒は胃壁からの吸収が早く、心地よく酔っていくから、飲み過ぎることも少ない。

 

冷え込む秋の夜には、先生の言葉と温かい酒が恋しくなります!