こうじの花

  蒸した米に「種こうじ」をかけて手業を加えながら、48時間育てたものが 写真の「米こうじ」です。出来たばかりの 米こうじ は、焼き栗の香りがして、口に含むとほのかな甘みを感じます。

 

  近く、この こうじ菌 を使った酒造りの技術が、登録無形文化財として正式登録されることになりました。室町時代に製法が確立し、伝統的な手作業による生産技術は生活文化として歴史上の意義があるとの評価です。

 

  また、よく見かける「麹」と「糀」の二つの漢字はそれぞれのルーツの違いによるもので「麹」は中国から伝わった漢字。「糀」は米に生えた こうじ菌(種こうじ)が花が咲いているよう見える様子から生まれた漢字で日本で発明された漢字、「国字」です。